IGPC 特定非営利活動法人 母と子の医療を世界に届ける会

IGPC 特定非営利活動法人 母と子の医療を世界に届ける会

活動紹介

臨床活動事業

IGPCでは、実際に現地で診療にあたっています。

シエラリオネ

西アフリカにあるシエラリオネ 。世界で最もお産での母体死亡率が高い国です。首都フリータウンにあるプリンセスクリスチャン母子病院にて、実際に産科救急の現場で活動しています。
PCMHは、西部地区にある唯一の三次救急受け入れ病院であり、帝王切開ができる唯一の病院です。年間7000件の分娩を取り扱い、産科救急受け入れ件数は4000件を超えます。母体死亡数は年間80人前後になります。

maternal_death_in_PCMH.pdf

臨床研究事業

母子保健事業

母子保健事業として、お母さんと赤ちゃんの健康を増進する活動を広くおこなっています。

年次活動報告

年次活動報告を掲載しています。

令和元年度事業報告書